Xperiaのトラブルなら!

Xperiaのトラブルが発生した時はどうしていますか?

詳細はこちら

WiMaxとは何のこと?ズバリ、モバイルWiFiルーターです!

WiMaxとは何なのか モバイルWiFiルーター

今日、社長がWiMaxとかいうものを使ってたんだけど、WiMaxとはどういう物なの?

WiMaxなんて使わないから知らないよね。docomoのスマホ使ってるからあんまり必要性も感じないしね。

安いの?便利なの?スマホにWiFiで繋ぐの?

まぁ、そんなところ。でも、詳しく話すと凄くややこしい話なんだよね。

そうなの?安く利用できるのなら使ってみたいなぁ。docomoの通信料金凄く高い気がするし・・・

よし、わかった!!WiMaxとは何か分り易く説明するからちょっと待って!

最近、インターネットをしているとWiMaxの広告がやたら目に付くような気がしますよね。どうやら、世の中は徐々にWiMaxの時代が近付いているのかもしれません。

というわけで、今日は
 
WiMaxとは何のこと?WiFiとは違うの?
 
というテーマを取り上げてみたいと思います。実は私もまだ使ったことがありません。利用するつもりで色々と調べていたら、かなり深いというか、迷ってしまって決断できないんですよね。ですから、WiMaxについてはかなり詳しくなってしまいました。学んだことを全てアウトプットできるように頑張ります!

SPONSORED LINK
 

WiMaxとはモバイルWiFiルーター!それってなぁに?

結論から言いましょう。WiMaxとは、モバイルWiFiルーターの一つです。では、モバイルWiFiルーターとは何でしょう?

  • モバイル(mobile):携帯するという意味
  • WiFi:無線LANの登録商標
  • ルーター(Router):インターネットに接続するために使う通信機器

つまり、モバイルWiFiルーターとは携帯できる無線LANでインターネットに接続できる機器のことを言います。WiFiに関する詳しいことはこちらの記事をご覧ください。

Wifiと無線LAN!違いを小学生でも理解できるように解説!
息子が新しいゲーム機(Wii U)を購入しました。最近のゲーム機ってWiFi接続しないと遊び方が制限されてしまうんですね。 いやいや、お父さんは知らないことだらけなんですけどね。子供って、大人は何でも知ってると思われて...

そして、WiMaxはその中の一つ。具体的には、UQコミュニケーションズ社の『UQ WiMAX』という商品のことです。

ここまではわかった?

うん、簡単やった!
で、WiMaxって何の為の物なの?

WiMaxがあると、何ができるのでしょうか・・・

WiMaxがあると何ができる?

WiMaxはWiFiルーター。つまり、WiMaxがあると外出先でもWiFiでインターネットに接続することができます。しかし、WiMax自体をインターネットに接続してもそれ程役には立ちません。接続するのは、あなたのスマホタブレット。あるいはノートパソコンなども接続できます。

無線LAN接続なので、有線LANのみで接続しているようなデスクトップのパソコンなどはそのままではWiMaxに接続することができません。その場合はWiFi接続用のアンテナなどが必要となります。例えばこちらの商品。

デスクトップのパソコンでも、やっぱり有線LANのケーブルが邪魔になることがありますよね。そんな時にはWiMaxを通じてWiFi接続するのも良いアイディアではないでしょうか。

さて、WiMaxはモバイルWiFiルーターの一つだということでしたが、実はWiMaxというのは商品の総称であって商品名ではありませんでした。

例えば、スマホってありますよね。スマートフォン。スマートフォンは商品名ではなく総称です。商品名としては、「Xperia」であったり、「Galaxy」であったり、「iPhone」であったり。WiMaxも同じで、商品は一つではありません。

えっ!?WiMaxって商品名じゃないの?

実は私もてっきり商品名だと思っていました。

では、WiMaxの代表的な商品について紹介しましょう。

SPONSORED LINK
 

WiMaxの商品名!2社から販売されています!

WiMax

WiMax

ランキングなどを見ていると、凄く沢山の商品があるように思えるWiMaxですが、実は本体を販売しているメーカーは次の2社だけ。

  • NECプラットフォームズ株式会社
  • ファーウェイ・ジャパン株式会社(HUAWEI)

そして、代表的な機種はこちらになります。

型式 メーカー
Speed Wi-Fi NEXT WX05 NEC
Speed Wi-Fi HOME L01 HUAWEI

残念ながらファーウェイの商品に関しては商品名に「HOME」と付いていることからもわかるように、その装置自体はモバイル用ではなく家に置くタイプのWiFiルーター。

ですから、本当の意味で持ち運べるWiMaxはNECの商品の一択とも言えますし、家の中のモバイル機器と接続することができるという点ではモバイルなのかもしれません。

NEXT WX05に関しては、赤色(ソニックレッド)が一番人気。次がブラック×ライムとなっています。大きさは約111(横)×62(縦)×13.3(高さ)mmなので、意外と大きいですね。持ち運ぶにはちょっと不便な気もします。

では、気になる通信速度はどうでしょうか?下の表にまとめてみました。

型式 下り最大速度 上り最大速度
NEXT WX05 440Mbps 75Mbps
HOME L01 440Mbps 30Mbps

440Mbpsというとかなり速いのではないでしょうか。解り易いようにYouTubeの動画に例えて考えてみましょう。YouTubeに投稿されている動画には3種類の画質がありますが、それぞれの動画をスムーズに見ることができる通信速度は以下のようになります。

超高画質(1080P) 3.5Mbps
高画質(720P) 2Mpbs
標準画質(480P) 1Mbps

上記の数値から考えると、440Mbpsという通信速度はかなり速いということになりますよね。インターネットなんかはストレス無く余裕で閲覧できるレベルです。

では、どうしてそんなに通信速度が速いのでしょう?次はWiMaxの通信方式について見て行きましょう。

WiMax!通信速度が速いのは何故?

wireless-technology

wireless-technology

WiMaxはWiMax2+という通信規格を利用して通信しています。WiMax2+とは何かと言うと、TD-LTEと呼ばれる回線を使用した通信方式。

LTEという言葉は聞いたことがありますか?数年前、携帯電話の通信が3Gから4Gに変わりました。GはGenerationの”G”です。つまり、世代ということですね。そして、第4世代の通信方式のことを『4G LTE』と呼んでいます。

WiMax2+はTD-LTEと言いました。実は、スマートフォンやタブレットの通信方式はFDD-LTE。つまりどちらもLTEの仲間なのです。一体何が違うのでしょうか?

TD-LTEとFDD-LTE!周波数帯の違いだった!

WiMAX 2+はTD-LTE、スマートフォンやタブレットはFDD-LTEを使用していますが、実は下の表に示すように使っている周波数帯が違います。

通信方式 周波数帯
TD-LTE 2.5GHz帯(Band41)
FDD-LTE 2GHz帯(Band1)
800MHz帯(Band19)

では、周波数帯が違うと何が違うのでしょうか?メリットとデメリットを考えてみましょう。

WiMax2+のメリットとデメリット

実は、周波数帯が高い程、通信容量が多くなります。つまり、、WiMax2+は高周波数帯なので、大容量のデータ通信が高速でできるということになります。これは大きなメリットですよね。

高画質の動画でもストレスを感じずに閲覧できるのは、高周波数帯の電波を利用しているからなのです。しかし、WiMax2+の通信にもデメリットがありました。

高周波数帯の電波は直線的に進むので、建物が多い場所や山間部などでは電波が届きにくいのです。一方、低周波数帯の電波の場合は障害物があっても、電波が回り込む特性がある為に繋がり易くなります。

まとめ

今日はWiMaxとは何なのかということについて紹介しました。もしかすると、あなたは「今更恥ずかしくて聞けない」と思っていたかもしれません。しかし、私の周りで使用している人は殆ど居ません。ですから、心配することは要りません。どちらかと言えば、知らない人の方が多いのです。

では、もう一度記事を振り返ってみましょう。

WiMaxとはUQコミュニケーションズ社の『UQ WiMAX』というモバイルWiFiルーター。

WiMaxがあれば、スマホやタブレットはインターネットにWiFi接続ができるようになります。しかも、WiMaxは高速で大容量の通信が可能となるので、動画の閲覧などもストレスなく楽しむことができるのが特徴。

但し、高周波数帯の電波を使用して通信しているので、建物の多い場所や山間部では電波が届きにくくなる可能性があるのがデメリット。

WiMaxのことを更に詳しく知りたい場合、こちらのサイトをご覧ください。

SPONSORED LINK
 

コメント