Xperiaのトラブルなら!

Xperiaのトラブルが発生した時はどうしていますか?

詳細はこちら

Xperiaの伝言メモを設定しよう!無料で使える留守電機能!

Xperiaの伝言メモ設定方法 スマホ・電話

さっき電話掛けたら、留守電になったよ!

そうそう、Xperiaの伝言メモって機能があることに気が付いて、設定してみたんよ!

伝言メモ?忙しかったの?

忙しくなかったよ!
電話が鳴ったのに全然気が付かなかっただけ。

留守電とか苦手やから、すぐ切ったわ。

せっかく設定したんだからメッセージ残してよ~!

そんな感じで、突然伝言メモという機能を使い始めた妻でした。

キャリアの留守番電話サービスというオプションもありますが、有料の場合が多いですよね。それに、メッセージを聞くにはセンターに電話して聞かなければなりません。電話をすると通話料も掛かったりしますし、損してるイメージですよね?

そこでとっても便利な機能が伝言メモという機能です。勿論無料で使えますし、録音されるのもXperia本体なので気が付いた時にすぐに聞くことができます。というわけで、今日は
 
Xperiaの伝言メモを使おう!設定はどうするの?
 
というテーマを取り上げてみたいと思います。Xperiaの伝言メモは、1件あたり60秒のメッセージを録音することができます。有料の留守電サービスなんてイマドキ不要というわけですね。電波の届かない場所も殆どなくなっているので、伝言メモの機能で十分です。

では、早速設定方法を見て行きましょう!

SPONSORED LINK
 

Xperiaの伝言メモ!設定方法はとっても簡単!

伝言メモと言えば、「ロボホンアプリ」の伝言メモが面白そうです。一度メッセージを聞いたら削除してくれるんですね。

Xperiaで伝言メモを使用する場合はそんなに簡単にはできません。とは言っても、それ程難しい設定もありませんが・・・

では、設定手順を見て行きたいと思います。

  1. 設定アプリを立ち上げる
  2. 「通話設定」をタップ
  3. 通話設定をタップ

    通話設定をタップ

  4. 「伝言メモ」をタップ
  5. 伝言メモをタップ

    伝言メモをタップ

  6. 伝言メモの各種設定
  7. 伝言メモ設定画面

    伝言メモ設定画面

伝言メモの設定項目
項目 内容
伝言メモ 伝言メモを利用するか否かの選択をします。
応答時間設定 着信から伝言メモの録音開始までの時間を設定します。設定した時間が経過すると、自動的にガイダンスが流れて録音します。
ローミング時の使用 海外渡航で電話を使用(データローミング)する場合に伝言メモを利用するかどうかを設定します。
応答メッセージ 応答メッセージを「日本語」「英語」に設定します。
伝言メモリスト 録音された伝言メモを確認し、再生・削除することができます。

では、ローミング以外の項目についてもう少し詳しく見て行きましょう。(ローミングについてはまた別の記事に書きたいと思います。)まずは応答時間設定から。

SPONSORED LINK
 

伝言メモの使用設定!ボタン一つでOK!

伝言メモを使用するかどうかは下の画像の「伝言メモ」の項目の右側のスイッチをタッチすることで変更できます。

伝言メモON設定

伝言メモON設定

右側(緑色)になっていれば、使用設定。左側(グレー)になっていれば、未使用の設定となっています。

引き続き、伝言メモの応答時間について見て行きましょう。

伝言メモの応答時間!初期値13秒でOK!?

電話が掛かって来てから、伝言メモの録音が開始されるまでの時間は「応答時間設定」にて設定することができます。下の画像の「応答時間設定」をタップします。

伝言メモ_応答時間設定1

伝言メモ_応答時間設定1

すると、下の画像のような画面が出てきて自由に時間設定ができるようになります。

応答時間の設定2

応答時間の設定2

初期値は「13秒」となっていて、恐らく殆どの人が触らないのではないかと思っています。しかし、私は電話が鳴ってもなかなか気が付かないことも多いので、13秒というとちょっと微妙ですね。

但し、応答時間を長く設定すると、

電話に出ないわね!
ガチャッ!!!

と、切られてしまうので伝言メモが機能しない可能性もあります。ちなみに、妻は意外とせっかちです。(笑)

ですから、丁度良い時間にする必要があるのだと思いますが、基本的には初期値の13秒で問題無いと思います。但し、留守番電話サービスを利用している場合は、応答時間を長くすると留守番電話に接続されることになるので注意してください。

では、続いて応答メッセージの設定について見て行きましょう。

伝言メモの応答メッセージ!オリジナルメッセージも登録可能!

応答メッセージというのは、伝言メモが録音を開始する時に相手の人にお知らせをするメッセージです。特に拘りの無い人の場合は設定する必要が無いかもしれませんが、覚えておくと良いのではないでしょうか。

応答メッセージの基本的な設定方法は下の図のように、伝言メモの設定画面で「応答メッセージ」をタップします。

応答メッセージの設定

応答メッセージの設定

すると、下のような「応答メッセージ」画面が表示されます。

応答メッセージの設定画面

応答メッセージの設定画面

設定は、

  • 日本語
  • 英語

の言語選択をするというだけのものです。しかし、それだけではありませんでした。先程の画像を良く見てみましょう。一番上に『応答メッセージの新規作成』という表示がありますよね。

応答メッセージ作成

応答メッセージ作成

実は、ここをタップすると、あなたの声を録音することができるのです。つまり、伝言メモの応答メッセージとして、あなたの声だけではなく、何か他の音声を設定することもできます。

あなただけのオリジナルメッセージを作ってみてはいかがでしょうか?

では、録音された伝言メモを聞く方法を紹介しましょう。

Xperiaの伝言メモ!聞き方は2通り!

Xperiaに録音された伝言メモはどのような方法で聞くことができるのでしょうか?実は、2通りの方法がありました。

  1. 伝言メモリストから録音メッセージを再生
  2. 着信履歴から録音メッセージを再生

伝言メモの設定画面の一番下に『伝言メモリスト』という項目があります。伝言メモが録音されていると、ここに録音されている件数が表示されます。

伝言メモリスト

伝言メモリスト

録音されている場合は、『伝言メモリスト』をタップすることで、録音されている内容を再生することができます。

また、着信履歴からも録音されたメッセージを聞くことができます。その場合は、着信履歴に録音アイコンが表示されているので、そのアイコンをタップして再生してください。

では、確認して不要になった伝言メモはどうやって削除するのでしょうか?

伝言モを削除するにはどうすればいい?

録音された伝言メモを確認し、削除したい場合には次の手順で削除することができます。

  1. リスト表示の中から消したい伝言メモを長押し
  2. 「削除」をタップ
  3. 「OK」をタップ

また、「すべて削除」を選択することで、全ての伝言メモを削除することも可能です。

伝言メモって何件くらい録音できるの?やっぱり多くなり過ぎたら削除しないといけないのかな?

実は、Xperiaの伝言メモには件数の制限が無いので、削除しなくても内部ストレージの容量不足でない限りは「これ以上録音できない」ということはありません。

まとめ

今日は、Xperiaの伝言メモの設定方法や使用方法について紹介しました。伝言メモ機能は簡易的な留守番電話という位置付けですが、留守番電話としての機能は十分に果たすことができます。

ですから、今まで伝言メモを使ったことがないという方も使ってみてはいかがでしょうか?思ったよりも簡単に使うことができると思いますよ。

では、もう一度記事を振り返ってみましょう。

留守電かな

留守電かな

伝言メモ機能の設定方法はこちらの手順でした。

  1. 設定アプリを立ち上げる
  2. 「通話設定」をタップ
  3. 「伝言メモ」をタップ
  4. 伝言メモの各種設定

伝言メモの確認や削除も全て伝言メモ設定画面の中でできるのでとっても解り易いと思います。

留守番電話サービスを利用すると、オプション料金が掛かる可能性もありますし、録音されたメッセージを聞く時にも通話料金が発生します。ですから、留守番電話サービスよりも伝言メモ機能を使うのがおすすめです。

早速設定してみましょう!!

SPONSORED LINK
 

コメント