かでんくらぶ

電気製品のわからないを考えよう!

*

Xperiaが起動しない!ロゴが出て消える無限ループの原因は?

      2018/09/14

Y本さん
実はね、この前から時々Xperiaが起動しないことがあって困ってるんですよ。

えっ!?それは大変ですね。どんな症状なんですか?

Y本さん
『SONY』のロゴが表示されては消え・・・って感じですね。もう少し進むバージョンもありますが。

あぁ~、それ聞いたことありますね。起動ロゴの無限ループってやつじゃないですか?

Y本さん
無限ループ?
私の場合はどうやら有限ループみたい。何度か繰り返してから立ち上がることが多いですね。

Xperia以外の機種でもよく聞く症状ですが、原因って何なのでしょうね?電源が入る内に修理した方が良いと思いますけど。

Y本さん
やっぱり修理が必要なレベルなのね・・・

XperiaでもSONYロゴの無限ループについては良く聞きますが、XperiaよりもiPhoneで良く聞く印象がありますが、実はそれ以外の機種でも時々耳にする症状です。

というわけで、今日は
 
Xperiaが起動しない!SONYロゴの無限ループの原因と対策を知りたい!
 
というテーマを取り上げてみたいと思います。無限ループに陥ってしまって起動しないとなると、もはやスマホを持ち歩いている意味も無いかもしれませんね。一体どうしてこのようなことになるのでしょうか?
 

SPONSORED LINK
 


 

Xperiaが起動しないってどういう状況?最も怪しい2つの要因とは

Xperiaにおける、ロゴが出て起動しない無限ループの現象は、ブートループやロゴループとも言われているようです。iPhoneの場合はリンゴのロゴマークが出るのでりんごループなどとも呼ばれていますね。

言葉で説明してもわからないかもしれないので、実際にどのような状況なのか動画で見てみましょう。

百聞は一見に如かずですよね。

あっ!?こういうこと??

って感じで理解できたと思います。どういう状況なのかというと、スマホのOSであるAndroidが正常に起動できないという状態ですね。OSを起動させようとして、ロゴの表示まではできるのですが、そこから進まず、再起動してしまうというパターンです。

では、Xperiaがロゴ表示しても起動しない原因は何でしょうか?最も有力な要因は次の3つです。

  1. バッテリーの劣化
  2. メモリの空き容量が少ない
  3. ハード的な破損

 
では、それぞれについてもう少し具体的に見ていきましょう。まずはバッテリーの劣化から。

Xperiaが起動しないのはバッテリーの劣化が原因かも!

Xperiaは購入してから1年も経過すると、バッテリーはかなり劣化しているのではないでしょうか。そして、2~3年も使用していると、Xperiaがうまく立ち上がらなくなるという現象も発生します。

バッテリーが劣化する原因もいくつかありますが、最も大きな原因は「サイクル劣化」と呼ばれるもので、充電と放電を繰り返すことで徐々にバッテリーが劣化していきます。

その場合の対処方法としては、以下の3つが挙げられます。但し、どの方法も動作を保証するものではありません。

  • SIMカードやSDカードを抜き差ししてみる
  • バッテリーが完全に放電するまで待ってから再度充電してみる
  • バッテリーを交換してみる

 
バッテリー交換をしてみようと思った場合はこちらの記事もご覧ください。

バッテリーが完全に放電してから、再度充電するということを2~3回繰り返すと症状が改善されたという報告もありますので、ダメ元でやってみてください。

では、続いてソフト的な要因について見ていきましょう。
 

メモリの空き容量が少ない場合もXperiaが起動しない?

Xperiaのメモリ容量が10%以下になると電源が落ちるというケースがあります。この場合、電源を立ち上げようとして頑張るのですが、メモリ容量が少なくて電源が落ちる・・・という状態が発生します。

不要なアプリは削除してメモリ確保

不要なアプリは削除してメモリ確保”

この場合の対策としては、メモリの空き容量を少しでも確保することです。

空き容量を確保するには、不要なデータを削除したり、使っていないアプリをアンインストールするというのが最も効果的。しかし、Xperiaが立ち上がらない状態なのに、データを削除することなんてできませんよね。

そんな時に有効なのが、パソコンとXperiaを接続する方法です。100%成功するとは言えませんし、Xperiaとパソコンを接続するには、Xperia側でUSB接続設定を行わなければなりません。

Xperia側はデフォルトで開発者向けオプションが非表示になっています。この表示を行う為に、次のような手順で表示設定を行ます。

  1. 設定画面を開く
  2. 端末情報を開く
  3. 『ビルド番号』を7回タップ

 
更に、『開発者向けオプション』を開き、『USBデバッグ』の項目にチェックする必要があります。

ちょっとややこしいですね。しかも、電源が入らなければ設定ができないので、状況から考えるとかなり難しいかもしれません。ですから、電源が立ち上がらなくなりそうな時には開発者向けオプションを表示設定にしておくべきでしょう。

パソコン側で使用するソフトはChromeアプリの『Vysor』がおすすめです。パソコンにソフトをインストールするのではなく、Webブラウザとして使用しているChromeにアプリを入れるだけなので、比較的簡単でしょう。

では、続いてハード的な破損についても見ていきましょう。
 

ハード的な破損によるロゴループは修理するしか方法がない

ハード的な破損と言っても、色々な場合があります。

今回はXperiaが起動しないという症状の原因部分を修理しなければならないのですが、それが何なのかは私のような素人ではわかりません。考えられる部分としては、

  • 制御用の基板の破損
  • 電源ボタンの不具合
  • 液晶の不具合

といったところでしょう。この様な場合には、残念ながら専門業者に修理を依頼するしか方法がありません。


 

まとめ

今日はXperiaが起動しないという症状について取り上げてみました。電源を入れてもロゴの表示までは進むのに、その後また電源が落ちて再起動するというループ状態。

原因として考えられることは、次の3つ。

  1. バッテリーの劣化
  2. メモリの空き容量が少ない
  3. ハード的な破損

 
どの原因であっても、なかなか自分一人の力で直すということは難しいかもしれません。そんな時はショップに持ち込むか、修理専門業者に修理依頼をするのが良いでしょう。
Xperia修理王公式サイトはこちら

SPONSORED LINK
 

 - スマホ・電話