かでんくらぶ

電気製品のわからないを考えよう!

*

IHで使えない土鍋!諦める前にこの方法を試してみよう!

      2018/09/26

新築の我が家に引っ越してすぐの出来事でした。

引っ越してIHになったから、前に使ってた土鍋ってもう使えないよね。

IH対応の土鍋とかってあるん?

うん、売ってるわ。
けど、10号の土鍋とか結構高いよ。

愛着のある土鍋を捨てるのも勿体ないしなぁ~。IHで使えるようにする方法は無いんかな?

IH対応の土鍋は調べてみたら5000円前後で購入できそうでした。そのくらいの価格なら購入することは可能ですが、新しい土鍋を買ったら古い土鍋は不要になるし、置いておくのはとっても邪魔です。それに、愛着のある土鍋を簡単に捨てるのも気が引けますよね。
土鍋
何とか良い方法は無いでしょうか?そこで、今日は
 
IHで使えない愛着のある土鍋を何とかして利用したい!!
 
というテーマで考えてみたいと思います。但し、自己責任でお願いします。
 

SPONSORED LINK
 


 

IHの理論を利用すれば普通の土鍋も使用可能?

まずはIHとは何かというところから見ていきましょう。
IH
IHとはInduction(誘導)Heating(加熱)の略で、「電磁誘導加熱」という方式の調理器のことを指します。

電磁誘導って理科や物理で聞いたことがありませんか?私は実は電子系が専門だったのでかなり詳しく勉強しました。(今ではすっかり忘れてしまいましたが・・・)

具体的に説明すると、コイルに電流を流すことによって磁界を発生させ、その磁界によって鍋に渦電流を発生させます。そして、発生した渦電流によって鍋の電気抵抗が熱を放出するという仕組みです。言葉で説明するとさっぱりわからないので、こちらの動画をご覧ください。

動画内でまず出てきたのが、レンツの法則です。

レンツの法則も言葉で説明するのは難しいのですが、磁界の変化が起こった時に、その変化を妨げる方向に電流が発生するというものです。つまり、調理器内部のコイルによって発生した磁界によって土鍋側に渦電流を発生させることができればIHで使えない土鍋でも加熱させることができるということになります。

でも、土鍋はどう考えても渦電流が発生するような素材ではありませんよね。しかし、IHで使えない普通の土鍋をIHで利用する方法があったのです。しかも、とっても簡単な方法で。

その方法とは、土鍋の中に電磁誘導ができる素材を置くだけなのです。
 

SPONSORED LINK
 


 

土鍋の中にステンレスの板を置けばいい?

ネットで色々調べてみると、Yahoo知恵袋なんかを読んでいると、

知恵袋
IHで使えない土鍋をIHで利用する方法はありません!

という意見が非常に多く、がっかりしました。そんな中で気になる記述を発見!

知恵袋
100均の落とし蓋を入れれば使えます!

というのです。すぐに100円均一ショップへ行き、見つけたのがこちら。
落し蓋
落とし蓋というやつですね。材質はステンレスです。完璧です。

しかし、残念なことにサイズが20cmの物しかありませんでした。20cmはちょっと大き過ぎです。自分で好きな大きさに切って使用するというのも一つの方法ですが、材質がステンレスなだけに断念しました。

他に何か良い物は無いかと探していると、こんな商品がありました。

実は、IHで使用するための土鍋専用のステンレス発熱板というのがあったのです。ちょっとびっくり。深く考えることなかったという感じですね。

このステンレス発熱板はIHで使えない土鍋に入れることでIHで使える土鍋に早変わりさせるだけではなく、IH対応の土鍋の過熱が経年変化によって悪くなってきた時にも利用できるようです。

ちなみに、こちらの商品は14cmの小サイズと17cmの大サイズの2種類があるようで、100均の20cmの落とし蓋では大き過ぎるという場合にはこちらを利用するのが良いでしょう。しかも、価格も500円までなのでとってもリーズナブルですよね。

そして、何と言ってもIH専用の部品というところにとても安心感を覚えます。落とし蓋で代用できるとは言っても、やはりちょっと不安な部分もあります。
 

まとめ

IHで使えない土鍋を何とかしてIHで使えるようにできないかということを調査したわけですが、結果としてとっても簡単な方法で利用可能なことがわかりました。

その方法とは、IH対応ステンレス発熱板を愛着のある土鍋の中に入れるだけという簡単なもの。
鍋
IHで使えないからと言って、古い土鍋を捨てなくて良かったですね。5,000円のIH対応土鍋を購入することを考えると、古い土鍋を捨てる手間も省けますし、費用もその10分の1でIHで利用可能になるのです。

IH対応じゃないからという理由だけで、愛着のある土鍋を捨てようとしていたあなた!ちょっと待った方が良さそうですよ。
 
IHの原理について、もう少し詳しく知りたい場合はこちらの記事を参考にしてください。

 
ちなみに、IHクッキングヒーターというのは小さな物(スプーンなど)には反応しないように設計されているようです。どうやら、その大きさは直径12cm。つまり、直径12cm以下の金属には反応しないので、小さな土鍋に小さな落とし蓋を入れたとしても使用できないということです。

その場合はガスコンロを使用するしか利用方法が無いようですね。

SPONSORED LINK
 

 - キッチン用品