かでんくらぶ

電気製品のわからないを考えよう!

*

加湿器を寝室の枕元に置きたい!布団が湿気るからやめた方がいい?

   

職場の同僚Y子さんは、自宅の寝室用に加湿器の購入を考えているそうです。

Y子さん
夜寝ているときに、寝室が凄く乾燥して困ってるんですよね。毎朝、起きたら喉が痛くて・・・

あぁ~、わかるわかる~。私もそうなんですよね。朝は喉の調子が悪くて。あと、目が開かないのもきっと乾燥してるからだと思うんですよ。

Y子さん
いや、目が開かないのは多分違うと思うんだけど・・・でもね、寝室の加湿器を置くと、布団が湿気を吸って良くないって聞いたこともあって、迷ってるんですよね。

そうなんですか?そんなの初めて聞きましたけど。でも、実際にあるかもしれませんね。

Y子さん
じゃぁ、やっぱり寝室に加湿器を置くのは諦めた方が良いのかなぁ?枕元に置けるスペースをわざわざ作ったんだけどなぁ。

いや、実際はどうなのかわかりませんよ。うちの布団は大丈夫だと思うんだけど、どうなんでしょうね?

加湿器を寝室の枕元に置くようになってから、朝起きるのも快適になった気がします。しかし、布団が湿気るのはちょっと困りものですよね。

加湿器を寝室に!

加湿器を寝室に!

というわけで、今日は
 
加湿器を寝室の枕元に置くと布団が湿気るってホント?
 
ということについて考えてみたいと思います。もしかすると、気が付いていないだけでうちの寝室も布団が湿気ってるのかもしれません。そうだとしたらちょっと気持ち悪いかも・・・と気になったので調べてみました。
 

SPONSORED LINK
 


 

加湿器を寝室の枕元に置く場合は加湿方式に気を付けよう!

加湿器と言っても、実は色々な加湿方式があります。方式の違いという点で分類してみると、

  • 超音波式
  • スチーム式
  • 気化式
  • ハイブリッド式(超音波式+加温)
  • ハイブリッド式(気化式+加温)

という5つの方式になります。加湿方式の違いについてはこちらの記事に詳しく書いてありますので参考にしてください。


 
その中でも、寝室の枕元に設置する加湿器としておすすめするのが以下の3種類の方式です。

加湿器を寝室に設置するなら
  • 気化式
  • ハイブリッド式(超音波式+加温)
  • ハイブリッド式(気化式+加温)

 
では、何故「超音波式」や「スチーム式」はおすすめできないのでしょうか?
 

SPONSORED LINK
 


 

寝室に設置する加湿器として最も適していない方式は超音波式!

前述したように、加湿器には色々な方式がありますが、その中でも最も寝室に不向きな方式は超音波式でしょう。何故なら、超音波式の加湿器を使用すると布団が濡れる可能性が高いからです。

超音波式の加湿器は、簡単に言うと霧吹きの霧が凄く小さなものをイメージすると良いでしょう。つまり、水蒸気ではなく、水滴に近い状態。

超音波式は霧吹きのイメージ

超音波式は霧吹きのイメージ

ですから、枕元に超音波式の加湿器を設置すると、布団が湿気る可能性が非常に高くなります。

超音波式の加湿器を使用する場合は、有効範囲が非常に狭いので少し遠いところに設置することで、布団が湿気るのは防ぐことができると思います。しかし、これでは加湿器の意味が全く無いので本末転倒ですよね。
 
では、続いてスチーム式の加湿器をおすすめしない理由について見ていきましょう。
 

枕元にスチーム式加湿器はデメリットも多い?

スチーム式の加湿器は見ているだけで、

凄く加湿してる気がする!!

と思える程、良い感じで水蒸気を放出してくれます。

しかし、スチーム式の加湿器は加湿し過ぎる可能性があるのです。確かに、湿度を設定して、その設定した湿度になるように加湿器が稼働しています。しかし、実際の室内の湿度と加湿器が測定している湿度にズレがある場合が問題となります。

加湿器側で設定湿度に到達していれば、運転が止まるのでそれ以上に加湿することはありませんが、逆に加湿器側で検出した湿度の方が低い値なら、どんどん加湿することになりますよね。

そうなってくると、最終的には結露、そしてカビ発生という事態に陥ることになるでしょう。

結露によってカビが発生

結露によってカビが発生

実は、我が家も子供が赤ちゃんだった頃はずっと寝室でスチーム式の加湿器を使用していたのですが、気が付けば結露だらけ、カーテンはカビまみれ・・・という状況になってしまいました。

その時は気が付きませんでしたが、もしかすると布団にも悪影響を及ぼしていたかもしれません。ですから、スチーム式の加湿器を寝室に設置するのはあまりおすすめできません。

スチーム式の加湿器を寝室に設置する場合には、湿度設定を低い値に設定した方が良いかもしれませんね。

では、今度はおすすめの方式について考えてみましょう。
 

寝室に加湿器を設置するなら気化式が最もおすすめ!

超音波式加湿器、スチーム式加湿器のデメリットを考慮すると、寝室に設置するなら気化式の加湿器が最もおすすめということになります。

気化式の場合、自然な加湿ができる為、加湿し過ぎるということはありません。また、霧吹きのような冷たい水滴を撒き散らすということもないので、室内温度を下げることもありませんし、布団が湿気る可能性も少ないでしょう。

但し、気になるのは音の問題だけでしょう。

気化式の加湿器はファンを稼働させる必要があるので、どうしても音が気になります。しかし、親切設計の気化式加湿器には静音モードというものがあるので、その点もクリア!!

でも、どうしても気になるという方はハイブリッド式の加湿器をおすすめします。ハイブリッド式は価格が高くなりますが、その分デメリットを無くした商品なので寝室にも安心して使用できるでしょう。
 

まとめ

今日は、加湿器を寝室に置くということについて考えてみました。朝起きると喉が痛いということを少しでも緩和する為にも、あなたも枕元に加湿器を置きたいと思っているかもしれませんね。

しかし、寝室と言うことで、気になるのが布団が湿気るのではないかという部分でした。では、もう一度記事を振り返ってみましょう。

寝室に加湿器を置くなら

寝室に加湿器を置くなら

加湿器にの種類として、次の5つの方式がありました。

  • 超音波式
  • スチーム式
  • 気化式
  • ハイブリッド式(超音波式+加温)
  • ハイブリッド式(気化式+加温)

その中で、寝室の枕元に置く加湿器として最もおすすめするのが気化式の加湿器です。

主な理由としては、

  • 加湿し過ぎることがない
  • 室内温度を下げることがない
  • 水滴ではなく水蒸気で加湿する

という点です。しかし、気化式の加湿器は音が煩いというデメリットがあるのは確か。その場合は静音モードで使用するか、ハイブリッド式を使用するのが良いでしょう。

あなたも、寝室に加湿器を設置して快適な朝を迎えましょう!

SPONSORED LINK
 

 - 美容・健康