かでんくらぶ

電気製品のわからないを考えよう!

*

ホットカーペットとこたつ!あなたはどっちにする?

   

お年玉を貰っても、特に欲しい物が無いという娘でしたが、家具屋さんに買い物に出掛けた時に何やら欲しい物ができたようです。

私の部屋、寒いからお年玉でこたつかホットカーペット買おうかな。

えぇぇ~~っ!?お年玉でこたつ?凄い発想。

ホットカーペットが良いと思う?それともこたつ?どっちが良いかなぁ~。

個人的にはこたつの方が好き。そういや一時期、ホットカーペットの上にこたつを載せて使ってたなぁ。

娘の部屋は六畳で、勉強机があるのでそれ程広い場所を使えるわけではありません。しかし、友達が遊びに来た時に何かしようと思うとこたつですよね。

というわけで、今日は
 
ホットカーペット?こたつ?あなたならどっち?
 
というテーマを取り上げてみたいと思います。色々な視点から見て、娘の部屋に最適なのはどっちなのか、じっくり考えてみました。
 

SPONSORED LINK
 


 

ホットカーペットとこたつを比較してみると?

猫がホットカーペットの上でゴロゴロしていたり、こたつに潜ったりしている動画は良く見るのですが、暖かい場所が好きなのは猫だけじゃなかったんですね。こちらの動画をご覧ください。個人的には猫よりも可愛いと思っています。

一瞬、うさぎを飼おうかなって思ってしまいました。(笑)

さて、そんなホットカーペットとこたつ、似ているようで全く別の暖房器具という感じですよね。似ている部分と言うと、どちらも狭い範囲を暖める為の暖房器具という点でしょう。つまり、ホットカーペットもこたつも部屋全体を暖めることは不可能ですね。

では、どのような違いがあるのか、簡単に整理してみましょう。

項目 ホットカーペット こたつ
付属品 無し こたつ布団(上下)
見た目 スッキリ 邪魔
他の利用方法 電気毛布の代用 勉強机の代用
電気代 やや高い 経済的
温かさ 床だけ 下半身だけ

 
色々な項目を挙げてみましたが、電気代と暖かさ以外は好みの問題になってきますので、その部分に関してはあなたの部屋にマッチしているのか否かというところを重要視されては如何でしょうか。

では、好みの部分以外(電気代と暖かさ)について、もう少し詳しく見ていきたいと思います。
 

SPONSORED LINK
 


 

電気代はホットカーペットの方がやや高い?その理由は・・・

ホットカーペットとこたつの電気容量を調べてみると、基本的にそれ程変わりません。それぞれの大きさによって違うのは当然なのですが、例えば、二畳用のホットカーペットと普通サイズのこたつヒーターは共に500W前後となっています。

しかし、実際に使用した場合の消費電力はどうかと言うと、ある製品のカタログスペックでは下の様に書かれていました。

消費電力
  • ホットカーペット:390Wh
  • こたつ:200Wh

 
どうしてこのように差が出るのかと言うと、こたつは掛け布団に覆われているので熱が逃げにくく、すぐに設定温度に到達します。すると、サーモスタットによってヒーターの出力がOFFになるので、実際の消費電力は小さくなるというわけですね。

逆にホットカーペットの場合は覆われているわけではないので、設定温度に到達することがほぼありません。ですから、常に最大出力に近い状態なのです。つまり、電気代ということを考えると明らかにこたつの方が安くなることがわかりますね。

では、それぞれの電気代はどのくらいになるでしょうか?1kWh辺りの電気料金を仮に25円として計算(実際はもう少し安いかも)すると、下の様になります。

1時間当たりの電気料金
  • ホットカーペット:0.39kWh×25円=約10円
  • こたつ:0.2kWh×25円=約5円

 
更に、1日に8時間使用、30日間で計算すると、ホットカーペットの場合は1ヶ月で約2400円、こたつの場合は約1200円という計算になります。単純計算なので実際は違うかもしれませんが、この値だけを見ると随分違いますよね。

勿論、ホットカーペットの設定温度や省エネモードなどで消費電力を抑えることはできます。では、そういうことも含めて、暖かく感じるのはホットカーペットなのでしょうか?それともこたつなのでしょうか?
 

暖かく感じるのはホットカーペット?それともこたつ?

ホットカーペットとこたつ、どちらが温かいのでしょうか?

残念ながらホットカーペットは触れている部分しか暖かくありません。そして、不要な部分にヒーターが入っている割には部屋全体が暖められるというわけでもないので非効率ですね。

逆に、こたつは触れている部分だけ暖かいというわけではありませんよね。布団の中全体が暖かいので、下半身全体を暖めてくれるでしょう。

しかし、こたつの場合は注意が必要です。下半身が暖かいのに、上半身は寒いという状況は体にとっては良くない状況なんですね。特に夜は自律神経系に悪影響を及ぼすことになり、風邪をひきやすいというだけではなく、自律神経失調症にもなり易いようです。

要するに暖かく感じるのは圧倒的にこたつだと思いますが、ホットカーペットの方が体には優しいということでしょう。
 

まとめ

今日は娘が部屋に暖房器具を設置したいと言うことで、「ホットカーペット」と「こたつ」のどっちにするのかということについて考えてみました。

非常に難しい選択ですね。私としては

どっちも購入してしまえ!

なんて思ってしまいますが、両方同時に買うのは難しいですよね。

しかし、やはり友達が遊びに来た時に何かと便利なこたつを購入することに決めたようです。こたつのデメリットは

  • 設置面積が広くて邪魔になる
  • こたつで寝ると危険

 
というところでしょうか。それさえクリアしてしまえば大丈夫でしょう。しかし、ホットカーペットにしろ、こたつにしろ、部屋全体を暖めることは不可能なので、補助的な暖房器具ではないかと考えます。

部屋全体を暖めるには、エアコンかストーブやファンヒーター等が必要でしょう。そして、できればサーキュレーターがあるとなお良いでしょう。サーキュレーターに関する記事はこちらに書いていますので是非読んでください。


 

SPONSORED LINK
 

 - 生活